「男おひとりさま道」読前感想文

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestShare on RedditShare on LinkedIn

紀伊国屋書店で、「男おひとりさま道」という本を発見した。
「おひとりさま」で有名な上野千鶴子さんが書かれている。
思わず購入してしまったが、目次を見ると「人生のピークを過ぎた時」「よい介護は金で買えるか」「男が介護を引き受ける時」等々、シビアな内容がびっしり並んでおり、思わずひるんでしまっている。
しかし、ぼくにとって人生の指針となる本の1冊となる予感があり、勇気を奮い興こしている所である。
本年中に何とか読み終え、新たな自分で新年を迎えられる事を願っている。

LINEで送る
Pocket

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です