愛車への想い

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestShare on RedditShare on LinkedIn

RVR05.png
15年以上僕を色々な所へ連れて行ってくれた愛車、三菱RVR。
先日、重大なトラブルに見舞われ、遂に廃車にする事になった。

初めて新車で購入した車だけあって、愛着は深い。

RVR01.png

正面の面構えは、けっこう精悍である。
今は見られなくなったグリルガードと黄色いフォグランブが、
無骨な雰囲気を醸し出している。

RVR03.png

正面とはうって変わって、バックは派手である。
かなり、軟弱な後ろ姿である。

RVR04.png
室内の特長は、何と言っても後部座席の足もとの広さである。
ふつうの人は全く不必要な広さであるが、釣りの着替えの際には多いに役立った。
また、ここに小さな机を置けば、コーヒーを淹れたり、くつろぐ事も出来た。

RVR02.png
真横からみると、ごく普通のワゴン車になります。

実際、前後の見てくれに反し、機能的には普通のワゴン車であり、
決してオフロード性能は良くない。

ただし、最低地上高は215cmと結構あり、雪道もスタッドレスを装着すれば全く不安は無かった。

15年以上乗り回したが、走行距離は13万キロ未満である。
大きな故障さえなければ、まだまだ乗り続けるつもりであった。

しかし、今回の修理代、11月に向かえる車検、9月に終わるエコカー補助金の事を考え、
乗り換えを決断した。

新車が来るまでの10日程の間、故障をいたわりながら、近場をゆっくり走った。
普段は業者まかせの洗車も、自分の手で何度かしてやった。

そして新車のナンバープレートの4桁を、この車の同じナンバーに指定した。

Sponsored Links

LINEで送る
Pocket

2 Comments
    • ぴょん

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です