安曇川本流を釣る

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestShare on RedditShare on LinkedIn

安曇川本流朽木竹

僕が愛してやまない、安曇川本流朽木地区の清流。

漁協の放流が無くなってからは、めっきり魚影が減ったが、幸か不幸か、釣れる魚は宝石のように美しい。

最近は川にブルドーザーが入り、流れが人為的に変えられている所が多い。上のポイントも現在は見る影もない状態である。

この流域には、市場にで合流する北川以外に大きな支流は無い。

小さな枝谷は無数にあるが、砂防堰堤で分断されいてる所が多い。

従って、アマゴ達が命を繋ぐには極めて厳しい環境である。

当然、魚の数は少なく居場所は非常に限られている。

一見、好ポイントに見えても、釣れるのはウグイやカワムツばかりという所も多い。

したがって僕の安曇川釣行は、いつもの場所にいつも通り魚が居るのかを確認する、挨拶廻りのような釣りである。

110502_アマゴ

ここ数年、僕が最も通いつめている某ポイントで、今年も出ました。

このポイントが他のポイントと違うのは、魚がよく太っているという点である。

去年、同時期に釣れたアマゴも、丸々と太っていた

サイズも25cm以上の良型が多い。

安曇川の短い最盛期である。

Sponsored Links

LINEで送る
Pocket

7 Comments
    • ぴょん
    • ぴょん
    • ぴょん

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です