話題のiPhoneアプリ、Clear for iPhoneを使ってみた。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestShare on RedditShare on LinkedIn

clear_icon話題のiPhoneアプリ、Clear – Realmac Softwareを使ってみました。

分類的には、所謂ToDoアプリの一種です。

しかしこのアプリには、よくあるToDoアプリのような通知機能や位置情報を利用した機能はありません。

機能的にはリストを作れるだけなのですが、実用面以上に不思議な魅力をもったアプリです。

その魅力とは「操作感」です。

この動画を見て解るとおり、このアプリにはいかにも「ボタンです」と言ったもは無く、ビンチイン・ピンチアウト・スワイプだけで殆どの操作が出来ます。

まず、最初にメニュー画面が出てきます。

menu

My Listsの右に4とあるのは、リストが4つ登録されているという事です。

その下のThmesを開くと、表示のテーマが選べます。

theme

標準で上の5色のテーマが選べます。

上ら下へ、美しいグラデーションのテーマになっています。

次のTips&Tricksを開くと、英語ですが使用方法が表示されます。

tips

次のFollow The Teamを開くと、開発メンバーのものと思われるTwitterアカウントが表示され、タップすると彼らをフォロー出来るしくみになっています。

試しに@UseClearをフォローしてみた所、Themeが一つ追加されるおまけが付いて来ました。

Settingもシンプルです。

setting

アプリアイコンのBadg表示や、効果音、バイブレーションが設定出来ます。

最後になりましたが、僕は下のように5つのリストを作ってみました。

mylist

所謂ToDoのリストだけでなく、今日の買い物のメモや、購入予定、出費の予定などのリストを作ってみました。

購入予定

これは「購入予定」で中身で、言うなれば「ほしいものリスト」です。

上から下へのグラデーションは、そのまま優先順位となっています。

冒頭の動画にあったように、この優先順位は簡単に上下させる事が出来ます。

このあたりの作りが、実に見事です。

また、リストのアイテムを右にスワイプすると、最下位にグレーアウトした状態で表示されるようになります。(上の例では、Blu-rayドライブがそう)

ToDoリストの場合、完了したものはこうするという事でしょう。

ちなみに左にスワイプするとリストから削除されます。

個々のリストからピンチインすると、リスト一覧が表示されます。

menu2

最上部の「買い物」の表示が薄いのは、リストのアイテムが「0」の状態になっているからです。

今日の買い物が済んで、リストにあったアイテムを全て削除したら、こうなりました。

このように機能が極めてシンプルであるにも関わらず、操作感が極めて魅力的なので、使い方が色々と浮かんできます。

リストマニアにはたまらんアプリです。
Clear

Sponsored Links

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です