iPad mini(Wi-Fi)+iPhone5がベストチョイスなわけ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestShare on RedditShare on LinkedIn

iPadmini

iPad mini(Wi-Fi)+iPhone5(au)により、快適なモバイル・ネット環境を実現する事が出来ました。
Wi-Fi環境の無い所ではテザリング機能を使い、iPhone5をLTEルーターとして使っています。
iPad miniとiPhoneの接続は、Wi-FiではなくBluetoothです。
Wi-Fiより遅いBluetoothをあえて使う理由は、二つあります。
一つ目は電池の消耗がより少いので、インターネット共有を常時待受状態にする事が可能になる点。
二つ目はインターネット共有が常時待受状態なら、iPad側の操作(BluetoothでiPhoneと接続)のみで接続が完了してしまうからです。当然ペアリングは必要ですが、これは一度きりでOKです。
Wi-Fi接続のテザリングの場合、親機側で「設定>一般>ネットワーク>インターネット共有」を表示させておかないと接続を開始できないので、これはBluetoothテザリングの大きなアドバンテージだと思います。
(このあたりの事情は、ひとりぶろぐさんに詳しく書いてあります)

コンテンツに関しては、iPad miniには映画やライブ等の動画と写真、iPhoneには音楽、という具合に使い分けをしています。
これで容量不足も解消です。

実を言うとiPad miniが発表された当初、僕は否定的でした。
「大きさが中途半端(iPhoneで充分)」、
「iPad2を小さくしただけ(iPad2持ってるので、要らない)」、
「ディスプレイがRetinaでない(待った方が吉)」
等々・・・

その一方視力の低下に伴い、iPhoneのディスプレイの小ささが気になり出していました。
しかし、iPhone5でテザリングが解禁されたにも関わらず、iPad2を常時持ち歩く気にはなれませんでした。

その理由は、片手で持てない大きさと、重さです。
実際にiPad2を持ち歩くと分かりますが、この「片手で持てない」というのは、けっこう辛いです。

片手で持てて、重さがiPad2の半分以下というのは、たとえスペックが1世代のものであっても、それを補って余るメリットであると気付きました。

一方10月、11月のiPhone5のデータ通信量が、制限7Gに対して1G以下と言う状況でした。
この事からもiPhone5のテザリング下でiPad mini(Wi-Fi)、という組み合わせが、今の僕にとってはベストという結論に達し、購入に踏み切ったという訳です。

Sponsored Links

LINEで送る
Pocket

No Comments

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です