使い込んだATOKを差し置き、「ことえり」を使い始めたわけ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestShare on RedditShare on LinkedIn
ことえり01

MacOS9の時代から日本語変換ソフトはATOKを使っていました。

言うまでもなく、ATOKの方がApple純正の「ことえり」より変換効率が良いからです。

MacOSXになってからは「ことえり」の変換効率もかなり改善されましたが、まだまだATOKの変換効率には及ばないと感じています。

辞書をWindows時代から継承しているのも、ATOKを使い続けてきた大きな理由です。

ところが、最近「ことえり」をメインに使うようになりました。

「ことえり」がiCloudに対応している事を、偶然知ったからです。

知ったきっかけはこうです。

公衆LAN SPOTの長いID名とパスワードが覚えられず、ID名をユーザ辞書に登録し、パスワードはメモアプリからのコピペで対処してました。

メモアプリがiCloud対応なので、iPhoneiPadが同期するのは分かってましたが、ユーザ辞書登録した文字列が同期したのには驚きました。

それもiOS同士だけでなく、Macの「ことえり」も同期の対象となってました。

調べて見ると、iPhoneでユーザ辞書登録した大量の顔文字や単語が、Macの「ことえり」と同期してました。

文章入力のほとんどが、iPhoneやiPadからのSNS投稿とメール作成になっている僕にとって、このようにPC(Mac)と日本語変換環境を共有出来るメリットは、極めて大きいです。

Cloudコンピューティングのメリットを身近に感じた出来事でした。

Sponsored Links

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です