「55歳からのハローライフ」を読んで

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestShare on RedditShare on LinkedIn

村上龍55歳からのハローライフを読みました。

結論からいうと、とても良い小説だと思いました。

書物はよく読む方ですが、解説書やノンフィクションばかりで、「小説」を読むのは、たぶん10年ぶり位になると思います。

タイトルから解るように、60歳前後の人たちのお話です。

五つの中編小説が収められていますが、そこら辺に居そうな男女が主人公の、どこにでもありそうなお話しです。

従って、内容は大変地味であります。

しかも五つのお話とも、エンディングは決してハッピーなものではないです。

しかし、どのお話も読み終わった後、ほのかな救いを感じる事が出来ます。

現代に生きるこの世代の人たちの、ささやかな再挑戦への希望を感じます。

五つのお話にストーリー上の繋がりはありません。

しかし五人の主人公はすべて、それぞれが特定の「飲み物」に、強いこだわりを持っています。

紅茶、おいしい水、コーヒー、プーアル茶、日本茶をこよなく愛す平凡な主人公たち。全てノンアルコールであるところが、この小説を象徴しています。

Sponsored Links

LINEで送る
Pocket

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です