小鮎の天ぷら

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestShare on RedditShare on LinkedIn

koayu2_1

安曇川のやなで捕れたピチピチ小鮎を、天ぷらで頂く。

今年もこの最高の贅沢にありつけました。

koayu2_2

今年は抹茶塩で頂きました。

小鮎の身の甘さとワタの爽やかな苦みに、抹茶がよく合う。

安曇川のやなで天ぷらサイズの小鮎が捕れる期間は短く、毎年5月中旬には塩焼きサイズに成長してしまう。

しかしもう一度天ぷらサイズの小鮎の遡上がある年もあり、楽しませてくれます。

発育の遅れた小鮎が「セカンド・ラン」として遡上して来る、と言った事だろうか。

何れにしろこの初夏の恵み、今年も今暫く楽しませてもらいます。

Sponsored Links

LINEで送る
Pocket

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です