iPhone下取りプログラムを利用する前に考えておきたい事。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestShare on RedditShare on LinkedIn

NTTdocomoが加わり、主要3キャリアでの扱いとなった新型iPhone

料金体系やキャンペーンの内容も出そろって来た。

下取りに関しても各社内容は異なるものの、実施が発表されている。

iPhone5SiPhone5Cからサポートが始まった800MHzのLTEは、KDDIが主力と位置づけている電波網である。ここに土俵を持って行きたいKDDIは、iPhone5の下取りに積極的な価格を提示して来ています。

かく言う私もau版iPhone5を使用しており、下取りには多いにそそられている所です。

しかしその反面、iPhone5を下取りに出してしまう事を躊躇しているのも事実です。回線契約が切れた古いiPhoneにも、大いに利用価値があるからです。

回線契約が切れたiPhoneは「文鎮」と揶揄される事もありますが、私の場合このような古いiPhone達にも、立派に現役として活躍してもらっています。

iPhone4は、自宅のWiFiネットワーク内で、LINEをインストールして電話機として利用しています。また、nasne (ナスネ) (CECH-ZNR1J)
を利用してポータブルテレビとしても、多いに活躍しています。

またiOS7では、FaceTimeで音声だけの通話も可能となります。これにより、回線契約が切れた古いiPhoneの電話としての利用が、さらに広まると思われます。

iPhone4S64Gという大容量を生かして、カーナビ接続専用のiPodとして活躍してます。

iPhoneデビュー機である3GSは、ホームボタンと電池がやられてしまったのでさすがに使っていませんが、そうなるまではLINEを入れて電話機として使っていました。

そして今、iPhone4のホームボタンにがたが来ており、Assistive Touchのお世話になっているという状況があります。今使っているiPhone5と世代交代したい所であります。

そういう訳でiPhone5の下取りには、躊躇せざるを得ないのです。

Sponsored Links

LINEで送る
Pocket

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です