数十年ぶりに、絵筆を取ってみた。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestShare on RedditShare on LinkedIn

20140830_mokuyoku.min

法然院に「―沐浴― 中尾美園+若林静香 展」を観に行ってきました。

お二人とも同年代の日本画絵描きさんですが、全く異なる作風なので、絵画音痴の僕でも楽しむ事が出来ました。

お二人が指導する「日本画の絵具でカラフルなうちわを作る」ワークショップにも、参加しました。

僕が絵を描くのは年に1回、年賀状を作る時だけです。作ると言ってもIllustratorというPCソフトを使い、アイデアのみで勝負しているので、とても「描いた」とは言えない代物です。

そういうわけで、絵筆を使って絵を描いたのは実に小学校以来です。中学や高校では「絵を描く」授業があったのかさえ思い出せません。

こういう僕ですが、お二人の指導で楽しく絵を描く事が出来ました。

他の参加者の作品と比べて見ると、ちょっと見劣りしてましたが、自宅の和室に置いてみるとそれなりの雰囲気を醸し出していると思えるのが、不思議です。

きっと使わせてもらった下絵の力でしょう。

うちわ.min

Sponsored Links

LINEで送る
Pocket

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です