Webページのfacebookシェアで、写真をより大きく表示する方法

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestShare on RedditShare on LinkedIn

Webページのfacebookシェア時の表示を最適化するには、OGP設定を適切に行う事と、表示させたい画像の縦横比を1:1.91にする事によりコントロールして来ました。

しかし7月に入った頃より、この方法が通用しない現象が発生しています。
(おそらく6/28実施のAPI変更の影響

対策として、インスタグラムを経由してfacebookシェアする方法を試していますが、思った以上にメリットが多いので、ここにその手順を紹介します。

1.facebookシェア時に表示させたい画像を用意します。

ここで用意する画像は、出来るだけインスタグラムで映えるものを選びます。
ちなみにインスタグラムの画像推奨サイズは1,080×1,080pxです。

2.投稿する文章を用意します。

ヤマモモのかき氷
http://kissa.collabo-cozai.main.jp/?eid=213
#ヤマモモ #かき氷 #夏はこれ

文末に誘導したいページのURLを記述し、必要に応じてハッシュタグを記述する。

3.1.2.でインスタグラムに投稿する。

※以下iPhoneのアプリで解説

実店舗への集客が目的の場合は位置情報を加える。
(検索すれば、何処にいても任意の位置情報を入力可能)

URLがリンクになっていませんが、ここでは気にしない。

4.インスタグラムでの投稿に問題が無ければ、これをfacebookにシェアする。

5.facebookから、投稿を確認する。

Webぺージから直接シェアするより、かなり大きな画像でシェアされます。

ここで必要に応じて公開範囲などに修正を加えます。

URLがリンクになっている事に注目。位置情報やハッシュタグも継承されている。

6.tumblrへのシェアも同様に可能。

写真の下には、インスタグラムへのリンク、タイトル下には誘導下したいWebぺージへのリンクが表示されます。

7.Twitterへのシェア

ツイッターでも、誘導したいページのURLとインスタグラムのURLがリンクとして表示されます。
画像は、誘導したいページにツイッターカードで設定されている画像が表示されます。

この例ではSummaryカードが設定されています。

尚、iPhoneのインスタグラムアプリからは、facebooktumblrTwitterへの共有が同時に出来ます。

以上、インスタグラム経由のfacebookシェアを紹介しましたが、より大きな画像とリンクとでシェアされるだけてなく、位置情報が継承されたりとか、予想以上にメリットがありました。

デメリットとしては、
  1. 直接facebookシェアする場合は、表示される画像+descriptionのエリアがリンク設定されますが、インスタ経由の場合はURLの表示のみがリンクとなる。
  2. インスタ用の画像を用意する必要がある。
  3. 直接シェアするよりも手間かかる。

等が考えられますが、3.についてはインスタグラムからfacebooktumblrTwitterへの共有が同時に出来る事を加味すると、むしろ効率的と言えると思います。

LINEで送る
Pocket

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です