電球型蛍光灯

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestShare on RedditShare on LinkedIn

洞爺湖サミットに敬意を表して、うちの白熱灯を全て省エネタイプの「電球型蛍光灯」に交換した。
消費電力が5分の1で、かつ長持ちすると言うのがメリットであるが、難点は、明るくなるのに、ちと時間が掛かる事である。特に昼光色タイプが遅い気がする。
また、電球をつけていた所に、昼光色タイプを付けると、違和感がを感じる事が多い。
最近、パナソニックから「パルックボールプレミアクイックタイプ」が発売されたが、明るいくなるまでの時間は、かなり改善されている。階段等、すぐに明るくなる必要のある所は、少し値がはるが、これにすべきだろう。

Sponsored Links

LINEで送る
Pocket

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です