スティーブ・ライヒ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestShare on RedditShare on LinkedIn

パヒューム漬けの日々から抜け出すきっかけは、ふと点けたNHK教育でやっていた、スティーブ・ライヒの演奏であった。この人、名前たげは知っていたが、聴くのは初めてであった。
クラッシック系のリスナーにはどう聴こえているのか解らないが、私にとっては生演奏のテクノであった。
早速アマゾンで「18人の音楽家の為の音楽」を購入。パヒュームの合間に聴いている。
クラフトワークは、きっとこのあたりを参考にしているのであろう。

Sponsored Links

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です