安曇川水系針畑川・北川流域の一部に、softbankのエリアが存在する件

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestShare on RedditShare on LinkedIn

僕が釣りを楽しんでいるのは、ほぼ100%滋賀県の安曇川水系流域である。
iPhoneを使い出してからは、釣り場の状況や釣果をTwitter等でリアルタイムに仲間と共有するのが、とても楽しくなった。
しかし、悲しいかな安曇川本流域のsoftbankのエリアは、スポットでしか存在しない。
softbankのエリアマップでは、本流域はほぼ全域がエリア内になっているにも関わらずである。
ところが、エリアマップには全く載っていない針畑川と北川流域の一部で、softbankが通じるという事実を発見した。

「それがどうした」と言われそうだが、
iPhoneでTweetしなからの釣りが定着してしまった現在、釣り場がsoftbankの圏内か否かは、僕にとって大きな意味を持っている。
最近、針畑川・北川流域から足が遠のいてしまっているのは、この為と言って良い。

という事で、この地域のsoftbankの電波状況を調査してみた。
今回調査した地域を地図で示すと、下のピンク色でマークした地域である。
ピンク色でマークした地域の最南端、梅の木より針畑川沿いに進み、最上流部生杉(おいすぎ)より小入谷峠(おにゅうとうげ)を超え北川最上流に入るコースである。
調査範囲

尚、調査方法は位置情報を付加したTweetを現地で投稿するというものである。

iPhone(softbank)が圏外の地点では、docomoからモバツイッターでTweetした。

音声通話でのテストは行ってません。

針畑川入って最初の圏内は、川合という村である。
ここはその名が示すとおり、久多川との合流点である。
行政区分で言うと京都市左京区である。

川合

合流点付近にKDDIの基地局が立っているが、softbankだけでなくdocomoも圏内である。

針畑川をさらに遡ると、朽木渓流魚センターのある小川(こがわ)にたどり着く。

小川

docomoの基地局があるが、softbankも圏内である

地図上の現在位置を即座に示すiPhoneアプリ”We Map“も、しっかり機能してます。

左上のアンテナにご注目下さい。

小川

次の村、平良(へら)も良好な電波状態である。

平良

ここには写ってないが、分校の校庭の隅にdocomoの基地局が立っています。

平良

しかし、針畑川流域のsoftbank圏内は、ここ平良が最後である。

桑原
古屋

生杉には、大規模なdocomoの基地局があるがsoftbankは圏外である。

生杉

小入谷峠を超えて最初の村、能家は圏内である。
とんでもない山奥であるが、なぜか圏内。

能家

次の上村は、残念ながら圏外である。

上村

次の村、家一は再び圏内。

家一

ここにはキャリア不明の、パラボラが付いた基地局が立っていた。

家一

次の村、立戸は再び圏外であるが、

立戸

地子原、新井、打明(ひらき)は圏内である

地子原
新井

打明

地子原と打明に、家一と同じような、パラボラ付きの基地局があった。

打明からR367との出会いまで、村落はない。

出会い前の休憩所あたりから圏内であるが、R367を少し朽木側へ行った所に、キャリア不明の基地局が立っている。

R367出合

その基地局には、関連があるのか無いのか”U.S.AIR FORCE”の旗がたなびいていた。

R367出合

調査結果は以上であるが、謎の多い結果と相成った。
特に最後のU.S. AIR FORCEは、全く意味不明である。
しかし、山深い谷間の村落にもsoftbankのエリアが存在する事が分かったのは、僕にとって非常に有意義であった。

Sponsored Links

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です