琵琶湖の小鮎釣り

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestShare on RedditShare on LinkedIn

学生時代の恩師が湖北に移り住まれており、同級生と時々遊びに行っている。

僕が10歳前後の頃、祖父夫婦がこの近辺で隠居しており、夏休みに入ると遊びに行っていた。

小川に遡上して来るおびただしい量の小鮎を捕ったのは、楽しい思い出である。

もう40年近く前の事であるが、この地域には当時の風情が濃厚に残っている。

それだけではない。小鮎も健在である。

6月にここで小鮎釣りをした時は、なんとかフライで釣りたいという思いがあり、ドブ釣りの毛針に似せたミッジ・ウエットで挑戦した。

結果は坊主。小鮎はフライに振り向きもしなかった。

今シーズンも終わりが近いので、恩師に頼み込んで小鮎釣りの個人レッスンをしてもらった。

この釣りは、先端に撒き餌を付けたサビキ仕掛けでの釣りである。

撒き餌は、シラスや魚粉をパン粉と合わせたものである。

餌

これをよく練り込んで、サビキ仕掛けの先端のカゴに取り付ける。

仕掛け

一番先には大きな重りが付いている。

写真には写っていないが、撒き餌カゴの上に、ビーズの付いた枝針が10本ほど付いている。

所謂サビキ仕掛けである。

今回釣ったポイントは、小川の河口付近である。

ポイント1

昨日の大雨のせいで、少し濁りが入っていた。

ポイント2

すぐ横が琵琶湖への河口である。

またいで渡れる程の、小さな川である。

そこにおびただしい数の小鮎が遡上して来ている。

釣り方は至って簡単である。

上流側に撒き餌カゴを投入し、その下流にサビキを流して行く。

撒き餌に寄って来た小鮎が、何を思ってか、ビーズの付いている針をくわえてくる。

釣り始めてすぐ、きれいな小鮎が釣れた。

小鮎1匹

写真では分かりにくいが、このサイズでもしっかり追い星が出ていた。

針が鮎の口に掛かっているのが、なんとも不思議

小鮎3匹

以降、文字通りの入れ食い状態で、上のように3匹付いてくる事も珍しくなかった。

釣れるの小鮎のみで、外道は一切無し。

これも不思議である。

二時間程で、30匹以上釣れた。

フライロッド以外の竿を振ったのは、実に20数年ぶりであったが、なかなか楽しい釣りであった。

釣った小鮎は佃煮にして、美味しく頂きました。

小鮎佃煮

残念ながら砂をかんでいましたので、頭とワタはとりました。

このサイズでありますが、殆どの個体が卵か白子を抱いていました。

Sponsored Links

LINEで送る
Pocket

No Comments

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です