au版iPhoneのEメールリアルタイム通知設定を解除した。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestShare on RedditShare on LinkedIn

3/13より、au版iPhoneのEメールリアルタイム通知が始まった。

早速、プロファイルをインストールしてみた。

メールBOXにMicrosoft Exchangeのアイコンを冠したメールアカウントが追加された。

Microsoft Exchangeによるメールアカウント設定は、以前Gmailをリアルタイム通知するのに試した事がある。そのときはIMAPがうまく機能せず、最終的には導入を見送った。

僕の場合このIMAPの機能をとても重宝して使っており、au版iPhoneにMNPした際も最終的にはIMAPをサポートした@ezweb.ne.jpをメインに使う事にした経緯がある。

ちなみに通知に関してはCメールに転送する事により、タイムラグを防いでいた。

IMAPなら、PCとiPhoneで共通のメール環境が作れる。
PCで下書き保存したメールを、iPhoneで修正・送信出来る。(逆も可能)

これは使い始めるとやめられないほど便利である。

今回リアルタイム通知になった@ezweb.ne.jpに関しても、何とか以前のようなIMAPによる環境が作れないか、色々と情報を収集してみた。

しかし、リアルタイム通知になった@ezweb.ne.jpのパスワードを知る方法が解らず、断念しました。

auには無料のau oneメールというのがあり、これはIMAPでの運用も可能となっている。しかし当然メールアドレスは変わってしまいます。

そういう訳で、以下の手順でIMAP環境に戻す事にしました

  1. リアルタイム通知のプロファイルを削除。
  2. Wi-fiをオフにする。
  3. SMSで#5000宛てに「1234」という内容のメッセージを送る。
  4. 返信されてきた「メール設定URL」から、「その他の設定」→「メールアカウント手動設定」→「設定情報送信」を行う。
  5. 新しい設定の「ユーザ名」と「パスワート」がSMSで送られてくるので、「設定」→「メール」でアカウントの設定を行う。(僕の場合は「ユーザ名」は変わらず、「パスワード」のみが変わっていました)
  6. 5.で得た情報で、PC等のメールアカウントを再設定する。

ちなみに、なぜかCメールに転送による通知が出来なくなってるので、通知に関してはBoxcar – appremixというアプリに転送する事により、タイムラグを防ぐ事にしました。

通知に関しては、au版iPhoneのMMSサポートが始まると、MMSへの転送を試してみます。もしこれが可能ならば、「iPhoneのEメールで、着信音の個別設定を行う」という悲願が実現するはずた。

Sponsored Links

LINEで送る
Pocket

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です